実力が評価されやすいです

外資系企業には日本企業にはない魅力がたくさんあります。だからこそ就職や転職先の範囲を少し広げて、外資系企業も選択肢に入れると良いです。外資系企業のメリットといえば、日本企業よりも実力が評価されやすい環境であることです。外資系企業の場合、年功序列という考え方が存在しません。いくら年齢が上で勤務年数が長くても、実力が認められなければ、出世はおろか年収アップもありません。逆に若くても実力さえあれば、年収や役職を短期間で上げていくことが可能な世界です。つまり出世してお金を稼ぎたいという野心がある人ほど、外資系企業に向いているといえます。また実力があれば男性も女性も関係ない世界なので、実力がある女性が活躍できる企業でもあるのです。

オンとオフをはっきりさせます

外資系企業の特徴の1つに、オンとオフの切り替えがはっきりしている点が挙げられます。良い仕事をするためには、休暇をしっかり取ることが大切だと考えています。そのため、仕事の後や休日を非常に大切にする傾向があります。日本企業に比べると有給休暇の消化率は高く、しっかりと休みを取れる環境にあります。そのため、長期の有給休暇を取っても、周囲から冷たい目で見られることはあまりありません。

給与面でも優遇されています

外資系企業に転職した人の多くがメリットとして挙げるのが、日本企業よりも給与水準が高いという点です。企業によって差はありますが、同業種で日本企業と比べると、1割から3割程度高いといわれています。例えば日本企業で500万円の年収であれば、それより100万円前後高いことになります。給与アップを求めるならば、外資系企業で働くことが選択肢となりえるのです。

外資 ITと言えば、企業としては4つの分野に分かれており、メーカー、ベンダー、コンサルティングファーム、Webサービスがあります。そのため自分に合った職種を選ぶことができます。