資格や免許証の種類は?

一昔前までは普通免許で4t車まで運転できましたが、現在は運転免許証のシステムが変わり、現在普通免許を取得したとしても4t車の運転はできず、中型免許証を取らなければなりません。それからキャリアアップして大型免許証を取り、大型トレーラーなども運転できる牽引免許証に持っていればドライバーの就活に困ることは無いでしょう。また、大型特殊免許証を持っていれば重機などの持ち運びなどに重宝されるので、就活には大きな武器となります。上記を見ると高校を卒業して直ぐにトラックドライバーになれないと思われますが心配いりません。準中型免許という平成17年から新しいシステムができました。この免許証で2tまで運転が可能ですので、20才まで経験を積み中型免許にステップアップすると良いでしょう。

トラックドライバーの仕事内容は?

トラックドライバーの仕事はトラックを運転するだけだと思われがちですが、仕事によっては荷物の積み込みや、宅急便などの仕事の場合はお客様に荷物のお届けもします。主に中型車までは短距離、中距離の仕事が多く、例えば東京の場合だと、都内や埼玉、横浜などの近県までの距離です。一方、大型車は長距離の仕事がメインで、関西や東北、場合によっては九州、北海道までの距離を走る事もあります。楽な仕事ではありませんが、車好きの多くのドライバーが活躍しています。以外に女性進出もあり、大型トラックや大型ダンプカーに女性が運転しているのを見かけることが少なくありません。車と運転が大好きな人には、トラックドライバーはお勧めの仕事です。

トラックドライバーの求人では、トラックを運転して荷物を目的地まで運ぶ仕事などが募集されています。短距離や長距離のものがあります。