期間工ってそもそもどんな仕事?

バイト雑誌を見ていると、期間工の募集を見かけます。給料もよさそうだし、初心者も歓迎と書いてあるし、なんだかよさそうな気がしますよね。期間工は主に工場内で自動車の塗装や組み立てをしたり、機械の制御をしたりすることが多い仕事です。始めのやり方さえ覚えてしまえばあとはルーチンワークでこなせるので、特別な技術や経験はほとんど必要とされません。地方の工場などで募集されることが多く、寮があったり、格安の食堂があったりと魅力的な所が沢山あります。

期間工はどんなことが大変?

納期に合わせて募集されるのが期間工なので、納期が近づくにつれて残業が多くなることがあり、締め切り近くは体的にもしんどくなることがあるかも知れません。三交代制で、夜勤がある場合も多く、慣れないうちはきつく感じてしまう事もあるでしょう。また、慣れない環境に戸惑う事もあるかも知れません。知らない人たちが集まって仕事をするので、あまり会話もなく、人によっては孤独を感じてしまう事もあるでしょう。

しかし、逆に仕事上だけの付き合いであると割り切れば、人間関係のわずらわしさを感じる事は少ないです。仕事は簡単なものから体力がいるものまでさまざまですが、総じて給料は高めに設定されています。期間工の間は待遇がよいことも多く、社会保障に加入する事もできる場合があります。ある期間集中して働き、期間が終了したら稼いだ給料で自分の好きな事をするというライフスタイルを送ることも可能です。

期間工は、数か月から数年といった短期間にわたって働く事が出来ます。寮費・光熱費などの負担をする必要がない場合は、1か月で10万円以上貯金する事が可能です。