警備員の主な勤務地と仕事内容

社会に数ある仕事の中でも、内容について詳しく知らない人も多いと言われるのが警備員です。警備員とは文字通り安全を守ることを仕事とする職業のことを言います。一口に安全を守ると言っても、人や物品など働く場所によって守るべき対象が変わるのが特徴です。この職業は大きく1号から4号まで4種類に分けられていて、1号は物品の盗難を始めとした犯罪を防ぐことが主な役割とされています。2号業務は危険な場所での安全確保です。工事現場や人が多く集まるコンサート会場で警備を行い人に危険が及ばないようにします。3号業務は現金や宝石などの運搬を行う業務がメインで、3号は警備員の仕事でも特にトラブルが起こりやすいので注意が必要です。

仕事をする上で求められるスキル

警備員の仕事は勤務地によって求められるスキルがそれぞれ異なります。防犯を主な仕事とする1号業務で必要となるのが社交性です。ショッピングモールや駐車場で仕事をしていると、利用客から施設についての質問をされるケースも頻繁にあります。警備員は施設に雇われているわけではないので直接的な関係はありませんが、その場で仕事をしている以上は笑顔で対応しなくてはいけません。工事現場やイベント会場で警備をする2号業務に求められるのは周囲への気配りです。常に周りの状況を確認して安全を確保する危機管理能力が必要となります。3号業務は特に重要な役割を担う仕事のため、国家資格に分類される資格と一定期間の実務経験が必須です。

警備員の求人は警備会社が張り出していることもありますが、職業安定所に掲載していたり、ネット求人サイトからも応募できます。就業条件もきちんと確認しましょう。