プラント施工管理の仕事内容とは?

プラント施工管理の仕事の一つに、工場の設備の設計や導入があります。工場を作るときには様々な機械が導入されることになるので、機械の特性を理解した上でどのような機械を導入するか考えるのです。関係者などとしっかりと話し合い、予算を含めた施工の計画を立てます。スケジュールを決めるだけでなく、作業の指示や完成までサポートをするのも仕事です。

安全管理や品質検査をするのも、大切な業務です。工場内には特殊な機械が多く導入されているので、安全管理は欠かせません。中には取り扱うときに危険を伴う機械もあるので、管理者が安全を確保しなければならないのです。導入した機械に不具合はないか、強度は保たれているのかチェックします。定期的に機械の品質管理もして、スタッフが安全に機械が使えるようにしておきます。

一日の仕事の流れとは?

プラントの施工管理の仕事は朝早くからスタートします。朝の7時ごろに出勤して、一日の作業の流れを確認します。工事スタッフが出勤してきたら、ミーティングを行います。その日の仕事内容や注意点、作業工程の確認をしたら、担当部署に分かれて細かな打ち合わせもすることも大切です。ミーティングが終わったら現場の見回りをして作業の進行度や安全に仕事が進められているのか、困っているスタッフが居ないか見ていきます。

午後は関係者や取引先の業者が出入りすることもあるので、外部の人との打ち合わせもしていきます。施工管理者以外の仕事は17時ごろに終わるのが一般的で、残業はほとんどありません。ただ現場の責任者である施工管理者はスタッフが帰った後も日誌を作成したり、翌日からのスケジュールを調整するので残業することもしばしばです。

プラントの施工管理で最も大切なのは配管です。プラントでは化学薬品を扱う事が多く、配管の間違いは重大事故に繋がるため、管の接合間違いの無いようチェックする事が最大のポイントと言えます。