一般求人はレアなのでみつけたら即応募しよう

役員運転手は、運転技術はもちろん人柄も重視される職業なので一般求人で募集されることはあまりありません。通常は、一般の運転手として勤務したのち、役員運転手へ推薦されることが多いため、一般求人が出ていたら迷わず応募しましょう。かなりレアな案件なので慎重になりすぎるとあっという間に募集が締め切られてしまいます。一般求人の場合は、運転の経験や運転技術をアピールできることが大切になります。

知り合いのコネを使う

役員運転手は信用できる人にしてもらいたいと考える会社が多いため、コネを利用する方法はよくとられます。立場のある人の紹介であれば、間違いないだろうと考える会社も多いからです。知っている人に大きな会社である程度の立場についている人がいれば、紹介してもらう方法は手堅いです。その代わり、紹介で役員運転手になった場合は、万一へまをすると、紹介してくれた人にも迷惑が掛かるということを肝に銘じておきましょう。

一般の運転手からの昇進を狙う

時間はかかりますが、一般の運転手から始めて地道に経験を積んで役員運転手に昇進するという方法もあります。運転手はただ単に運転をすればいいというものではありません。車内での会話には守秘義務が生じますし、乗車する人の都合に合わせて気を利かせることも重要です。もちろん。会社付近の地理には詳しくないといけないですし、安全かつ迅速に運転することが求められます。意外と大変な仕事ですが、地道にこなしていくことが社内での評価を高めることにつながります。良い運転手だという評価が集まれば、役員運転手に昇進することも夢ではないでしょう。

運送業界は人手不足で求人は多いものの、拘束時間が長いのがデメリットです。運転手の派遣での勤務であれば、休日や勤務時間帯の希望を伝えられるため、ワークライフバランスを重視する人に向いている働き方です。