立ち仕事が多いから腰痛になりやすい

工場の仕事は同じ場所で立って作業を続ける場合が多々あります。立ち仕事でも歩いていればあまり身体に大きな負担はかかりませんが、ずっと同じ姿勢で働いていると足腰に負担がかかりがちです。特にずっと同じ姿勢で手元の作業をしていると腰痛が悩みになります。腰痛になりやすい人は動きのある作業を選んで働くと良いでしょう。パッケージ詰めをしたり、洗い物をしたりする作業の場合には足腰に負担がかかります。倉庫からの材料を出したり、完成した製品を倉庫に運んだりする作業なら動けるので腰痛になりにくいでしょう。品質管理のようにデスクワークも多い仕事を選ぶのも賢い方法です。立ったままの仕事を選ばないようにすると体調管理ができます。

時間が不規則で疲れが取れにくい

夜勤がある工場で働いていると疲れが取れにくいのが体調管理の課題になります。睡眠のリズムが安定しないので、深い眠りにつけないことが多いのです。勤務時間が不規則なのが問題だと考えて、少なくとも夜勤がない工場の仕事を選ぶようにしましょう。大きな工場の製造職は夜も働いて製造を担当しなければならないのが一般的です。しかし、小さな工場では昼間しか製造しないということがよくあります。また、生産管理や品質管理などの管理系の職種は一般的な定時の時間で働けるのが普通です。職種への適性も考慮する必要がありますが、工場と職種を選べば不規則な働き方から逃れられます。体調管理に不安があるなら転職も検討してみましょう。

千葉の工場の求人は化学工場が多いです。化学物質の点検や物流業務などの職種があり専門知識が必要となります。